住宅ローンでマンションを購入する際の注意点

住宅ローンを組み、マンションを買う時に考えるべきことは何でしょう。

マンションを購入するにはまず、必要な金額を決定することです。

手持ちの現金だけでマンションを買えれば望ましいことですが、それが可能な人はごくわずかです。

また、マンションを買って預貯金が尽きてはいざという時問題です。

今であれば住宅ローンに対する減税がありますので、住宅ローンの優遇を受けることができます。

まとまった頭金を用意できずとも、融資を受けられる住宅ローンもあります。

頭金は、マンションを買うために必要になる金額の20%が基本的な考え方です。

借入金はマンションの金額から頭金を引いたぶんとなり、以後返済を続けます。

公的ローンか民間ローンかのどちらかの住宅ローンを選択して、マンションのローンを組みます。

年金住宅融資、財形住宅融資、自治体融資、住宅金融支援機構などか公的ローンとなります。

低金利で返済しやすいことが魅力的です。

ただし審査のハードルが高いので、融資額が希望額に満たず民間ローンが必要になることがあります。

民間のローンは、生命保険会社の取り扱っている住宅ローンや金融機関の住宅ローン、社内融資などです。

年収やローン希望額に応じて利用限度額の融通が利くという利点があります。

ローンの返済はボーナスも合わせて使えますが、月々の返済額は月収の20%以内が基本となるようです。

マンションを無事に購入できた場合でも、ローンが返しきれなければ買ったマンションを所有し続けることは不可能です。

生活水準を大きく変えることなく、安定して無理なく返済できる金額でマンション購入のローンを組むようにしましょう。自営業住宅ローン審査情報はこちらから。

Contents

HOME

その他

最近のコメント

    カテゴリー

    ↑ページの上部へ戻る

    Copyright(c)JA住宅ローン奮闘記. All rights reserved.