住宅ローンを借りるなら金利の安い銀行を選ぼう

将来、自の家を持つ。

というのは憧れるものです。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

このため、現金をすぐに用意する。

という事は、かなり難しいです。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、その年によって大きく変動する場合もあります。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る任意返済もできるところで申請してみましょう。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

家の購入で初めに思う事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

期間は最長で35年もありますので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険は、申請者に何かあった場合残りのローンが0円になる。

という保険です。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利・変動金利があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて自分で行う確定申告で申告する必要があります。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ厳しい審査が待っています。

とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローンローン申請は、銀行等で受け付けています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

というものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん別れた後でも養育費を払う責任があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、残りの金額を全て負担しなければなりません。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが役立ちます。

申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の借入が可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合からなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

例えば、銀行・住信SBIネット銀行などのネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がない住信SBIネット銀行などのネットバンクは、各取引をネット上で行います。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

住信SBIネット銀行などのネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

審査に通れば、契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、そうした場合に備えて準備しておく事も大切です。

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

参考:http://www.vociombra.com/