肌質別に選ぶニキビケア用洗顔料は?

ニキビケアにはどんな洗顔料を使ったら良いのでしょうか?人のお肌は弱酸性に保たれていることがベストな状態です。
ですので弱酸性のほうがニキビケアの洗顔料としてピッタリです。
ただし、油性肌の人に弱酸性はおすすめしません。
なぜなら、弱酸性だと汚れを落とす力が弱いため、しっかりと皮脂や汚れを落とせないのです。
ですので皮脂の多い油性肌の方には弱酸性ではない洗顔料を選ぶ必要があります。
油性肌でニキビケアをする場合は、アルカリ性の石鹸を使うことをおすすめします。
アルカリ性は使いすぎると肌荒れの原因になりますが、しっかりと成分を洗い流せば問題ありません。
肌質と洗顔料の相性も考えないと正しいニキビケアになりませんので、しっかりとした知識をもちましょう。